Search

コミュニティ主導の方法の結果として、大幅に増強された RYS基準が誕生 > 増強されるリードトレーナーの要件

利用可能: العربية | 中文(简体) | English | Français | हिन्दी | 日本語 | Español

増強されるリードトレーナーの要件

RYS 200 新基準には、RYS 200 リードトレーナーの要件を大きく強化する 2 つの重要な変更点が含まれています。2022 年 2 月までに、すべての RYS 200 の全リードトレーナーは、E-RYT 500 の資格を取得し、最低限必要な 200 時間の基本レベルの指導者養成プログラムのうち、少なくとも 150 時間、教えていなくてはなりません。これにより、ヨガの教えに初めて触れる人たちが確実に、ヨガの幅や奥行きに深く精通した指導者により導かれ、サポートされることができます。

Lead Trainer Pathway For New RYS 200 Standards
Enhanced Lead Trainer Requirements for New RYS 200 Standards. フルサイズを表示。


どのような資格のヨガ指導者が指導者養成プログラムを教えるかという議論は、ワーキンググループを通じて詳細に調査された 8 つのトピックのうちの 1 つでした。 「指導者トレーナーの資格」ワーキンググループペーパーとして結果が残されています。リードトレーナーに対するこうした必要条件の上昇に関して、個々のレベルで困難を感じる会員もいることでしょうが、全体としては、こうした変更はヨガコミュニティからの要請に応えるもので、経験のあるヨガ指導者が、確実に次世代のヨガ指導者のトレーニングに当たれるようにするものです。これにより、私たちのコミュニティ全体で、ヨガのトレーニング、指導、伝達における一貫性、質、そして安全性を促進できます。


RYS 200 Decision Tree

こうした考慮すべき点を念頭に置き、RYS と RYT がこれらの変更を計画に入れ、準備するために 24 か月以上の猶予をもたせました。

リードトレーナーになる道に興味がありますか? 以下は、基本レベルの RYT 200 から専門レベルの E-RYT 500 以上の資格に至る RYT の道のりの概要を示すインフォグラフィックです。

 

あなたは私たちの新しい基準について質問がありますか? 詳細については、よくある質問のページをご覧ください。



Teacher trainer requirements by group. Standards Review Project Survey, 2018


Number of hours to be a trainer of teachers. Standards Review Project Survey, 2018



当社の新しい規格に関する一般的な質問に対する回答については、よくある質問のページをご覧ください。

Yoga Alliance is a nonprofit 501(c)(6). Yoga Alliance Foundation is a nonprofit 501(c)(3). This website refers to the two organizations as "Yoga Alliance." Copyright 2019 Yoga Alliance. Yoga Alliance, the Yoga Alliance logo, RYS, RYT, and YACEP are registered marks with the USPTO and other jurisdictions.
Copyright 2019 by Yoga Alliance