Search

で利用可能: العربية | 中文(简体) | English | Français | हिन्दी | 日本語 | Español

コミュニティ主導の方法の結果として、大幅に増強された RYS基準が誕生

ほぼ 20 年前に Yoga Alliance が設立されて以来、ヨガは劇的に進化し、私たちを取り巻く変化により、ヨガの伝授および実践方法も影響を受けてきました。「基準見直しプロジェクト」に関するアンケートで 83% の皆様からご回答をいただいた通り、会員やヨガの専門家を可能な限りサポートするために、当アライアンスの資格を支える基準も進化させる必要が出てまいりました。

18 か月以上の調査、フィードバック回収、コミュニティでの対話、ワーキンググループ会議を経た結果、 現在、過去、そして未来の YA の会員を代表して、 Yoga Alliance は、コミュニティ主導の「基準見直しプロジェクト」 の最初の成果を共有させていただきたいと思います。このプロジェクトは、今日の絶えず変化し続けるヨガの社会的および文化的状況において、教師と生徒の両方に役立つ最新基準を構築するための包括的かつ包括的な取り組みとなっています。 以下のページに続く情報は、私たちのために 多くの知恵と時間を提供して下さった何万人という皆様からいただいた意見を反映したものです。ご協力ありがとうございました。

私たちは、変化が重要であり得ること、そして当協会に登録されたヨガスクール (RYS) にとってますます多くのリソースが助けとなることを承知しています。初期の成果を挙げ、スケジュールを組んでいく中で、私たちはこの点を考慮し、当協会のヨガスクールが適応するまでには 24 か月以上かかると考えました。私たちが目指すのは、可能な限り加盟校や教師の生計に支障をきたすことなく、目標を保ち続け、計画的なペースで進めることでした。今後もその態度は変わりません。

コミュニティ全体のバランスと安定性に加えて、当協会は、皆様からの意見を検討しながら、伝統的なヨガの価値、公平性、説明責任、誠実性といったその他いくつかの指針を支持してきました。これらは今なお当協会の信用を形作る中核ですので、今後も基準を施行し、継続的に見直しながらも、引き続き順守していきたいと思います。

教えを通じて、人類に提供いただいている皆様のご尽力に感謝申し上げます。

 基準に関する全体的なスケジュール

基準に関する全体的なスケジュール

RYS 200 基本レベルの資格を支える基準が大幅に増強されました。現在の RYS 200 プログラムを RYS 200 新基準にアップグレードするには、24 か月以上 (2021 年 12 月 31 日まで) かかります。新しく RYS 200 に申請する場合は、2020 年 2 月から新基準に基づいて申請を行うことになります。また、2020 年 2 月には新しく更新された RYT で、実践範囲、行動規範、ヨガにおける公平性への責任を含め、共有される倫理的義務を認めることになります。これらの 変更についての全体的なスケジュールはこちらをクリックしてご覧ください。

 現行基準 vs. RYS 200 比較

現行基準 vs. RYS 200 比較

基本レベルの指導者養成プログラム、 RYS 200 の基準が大幅に改善されました。新しく申請を行う学校であるか、現在 RYS 200 の学校であるかにより、スケジュールは異なります。詳細はこちらをご覧ください。

 RYS 200 共通コアカリキュラム

RYS 200 共通コアカリキュラム

RYS 200 の増強基準では、主要な学習目標と望ましい成果を重要視し、系統、流派、あるいは方法論を含め、RYS 200 全体にわたって共通する強化コアカリキュラムを提供します。現在の基準の下に存在する 5 つの教育カテゴリーは、4 つの「コアカリキュラム」カテゴリーを含むように変更され、これにより、13 種類の明確に定義された能力全般についての自信を確実なものとすることを目指します。この共通のコアカリキュラムは、ヨガのトレーニングとヨガコミュニティーへの指導における質と安全性を保証するものです。増強される RYS 200 共通コアカリキュラムの新しいカテゴリーと能力については、こちらをご覧ください。

 増強される申請プロセス

増強される申請プロセス

RYS 200 基準のアップグレードに加えて、新基準を上回ることを目的として、全体的な申請プロセスをレベルアップし、より共有される説明責任を提供できるようにしました。また、資格再認定プロセスを追加しました。すべての RYS がいったん新基準に基づいて運用されれば、これは 3 年ごとに行われることになります。申請プロセスの機能増強についての詳細はこちらをご覧ください。

 RYS 300 および RYS 500 のスケジュール

RYS 300 および RYS 500 のスケジュール

この2019年6月の発表は主にRYS 200への変更を強調していますが、私たちのプロの教員養成プログラムであるRYS 300とRYS 500に関して共有するべき刺激的なニュースがいくつかあります。 詳細はこちらをご覧ください。

 増強されるリードトレーナーの要件

増強されるリードトレーナーの要件

RYS 200 新基準には、 リードトレーナーに影響を与える 2 つの重要な増強点が含まれています。1 点目は リードトレーナーが保持しなければならない資格のレベルです。もう1 点はリードトレーナーが教えなければならない RYS 200 の時間数です。これらの変更について、および有効になる時期を知るには、こちらをクリックしてください。

 RYT に関する方針

RYT に関する方針

RYS 200 への変更が RYS 200 プログラムの修了性や現在の RYT 200 資格保持者にとって、どのような意味を持つのか、多くの RYT が興味を抱くことでしょう。あなたもそのお一人でしょうか?登録済みヨガ指導者に関する方針についてご覧ください。

 倫理的義務

倫理的義務

ヨガコミュニティ全体から届いた際立って共通した声に応えて、Yoga Alliance は 2020 年 2 月から全 RYT で共有すべき倫理的義務を負うことにします。これに関する詳細はこちらをご覧ください。

 コミュニティ会話

コミュニティの対話

私たちは、将来のヨガ指導やさまざまなコミュニティ全体の体系的な問題など、ヨガの職業全体に影響を与える対話の主催者としての役割を果たすよう、会員と幅広いヨガコミュニティーから行動を起こすように求められました。届いた意見および当協会が主催する対話に関する詳細はこちらをご覧ください。

 

プレスリリース
ファクトシート

プレジデント兼最高経営責任者より

動画
手紙

他のリーダーより

基準担当 VP の動画
Yoga Alliance Foundation VP の手紙



あなたは私たちの新しい基準について質問がありますか? 詳細については、よくある質問のページをご覧ください。



当社の新しい規格に関する一般的な質問に対する回答については、よくある質問のページをご覧ください。

Yoga Alliance is a nonprofit 501(c)(6). Yoga Alliance Foundation is a nonprofit 501(c)(3). This website refers to the two organizations as "Yoga Alliance." Copyright 2019 Yoga Alliance. Yoga Alliance, the Yoga Alliance logo, RYS, RYT, and YACEP are registered marks with the USPTO and other jurisdictions.
Copyright 2019 by Yoga Alliance