Search

コミュニティ主導の方法の結果として、大幅に増強された RYS基準が誕生 > RYT に関する方針

利用可能: العربية | 中文(简体) | English | Français | हिन्दी | 日本語 | Español

RYT に関する方針

RYS 200 への変更が自分にとってどのような意味を持つのか、多くの RYT が興味を抱くことでしょう。

まず、現在の RYT の皆様は、引き続き RYT のままです!皆様を Yoga Alliance の一員に迎えられることを誇りに感じています。別の RYS 200 プログラムを受講したり修了する必要はありません。

第 2 に、現在、RYT ではない方で Yoga Alliance に加わりたい方でも、200 時間のヨガ指導者トレーニングプログラムを受ける必要のない方もいます。ヨガスクールを修了した時点でそのスクールが現在の RYS 200 であったという方は、RYT 200 としてYoga Alliance に参加する資格があります。

第 3 に、新規および現在の RYT の皆様が 2020 年 2 月以降、登録または更新時に同意する倫理的義務が、今後は RYT 資格に含まれることになります。この倫理的義務 には、実践範囲および行動規範が含まれています。これは、Yoga Alliance 会員の大多数および定められたヨガコミュニティ全般が、「基準見直しプロジェクト」に関するアンケートで重要であると回答を寄せ、さらには、ヨガにおける公平性を高めるための共通の知識および責任であると示した点です。

Yoga Alliance では、この取り組みを支援するためのツールとリソースを作成する予定です。これにはヨガにおける公平性に関するオンラインコースも含まれており、実践において排除され、過小評価されていると多くの人に感じさせるような、ヨガに存在する社会的、組織的な不公平への会員の認知度を高め、その状況を変革する努力を促すことにします。このコースは会員資格の一部として提供され、10 単位の社会人教育単位として数えられます。


登録済みヨガ指導者の進路

以下は、基本レベルの RYT 200 から専門レベルの E-RYT 500 資格に至る RYT の道のりの概要を示すインフォグラフィックです。

Path of an RYT 200
Path of an RYT 200. フルサイズを表示。


このページに描かれているインフォグラフィックの音声チュートリアル。

Are you wondering what all of this means for you as a yoga teacher? Are you still a teacher? Can you still teach?

Yes! You are still a yoga teacher. And if you are currently an RYT, you are still an RYT.

If you are not an RYT with us yet, you might still be able to join without having to take another 200-hour yoga teacher training program. As long as your yoga school was a current RYS 200 at the time you graduated, you are still eligible to join YA as an RYT 200.

Are you wondering what the terms “foundational” and “professional” mean with respect to the RYS 200, RYS 300, and RYS 500 teacher training programs?

The use of “foundational” and “professional” are simply to reinforce the key learnings of each level of school.

The new RYS 200 standards center around a common core curriculum that will offer graduates a shared understanding of foundational yoga concepts that all yoga teachers should know, providing a baseline of comprehension to take into the world as they start to teach yoga. As yoga teachers continue their lifetime of learning as students first, teachers second, many will want to enhance their professional understanding of what it means to be a teacher of this practice, at which time they might pursue any number of options on our professional track.

The professional track includes the RYT 500 credential, which can be obtained upon successful graduation from an RYS 300 or RYS 500. It might include upgrading to E-RYT 200 or E-RYT 500 status based on number of hours taught. It might include pursuing specialty credentials, including becoming a Continuing Education provider or being a Registered Prenatal or Children’s Yoga Teacher.

It might also include the path towards being a Lead Trainer, which happens after achieving E-RYT 500 status.

Creating a “path of an RYT” offers a shared understanding of yoga concepts at foundational and professional levels while also providing for flexibility based on lineage, style, or methodology.

We at Yoga Alliance look forward to supporting all of our member teachers where they are on their individual paths.

 

あなたは私たちの新しい基準について質問がありますか? 詳細については、よくある質問のページをご覧ください。




当社の新しい規格に関する一般的な質問に対する回答については、よくある質問のページをご覧ください。

Yoga Alliance is a nonprofit 501(c)(6). Yoga Alliance Foundation is a nonprofit 501(c)(3). This website refers to the two organizations as "Yoga Alliance." Copyright 2019 Yoga Alliance. Yoga Alliance, the Yoga Alliance logo, RYS, RYT, and YACEP are registered marks with the USPTO and other jurisdictions.
Copyright 2019 by Yoga Alliance