Search

コミュニティ主導の方法の結果として、大幅に増強された RYS基準が誕生 > 現行基準 vs. RYS 200 比較

で利用可能:العربية | 中文(简体) | English | Français | हिन्दी | 日本語 | Español

現行基準 vs. RYS 200 比較

Yoga Alliance の最も広く支持されているスクール資格である RYS 200 の基準が、大幅に増強されました。以下に概説する変更は、本資格の基準を大幅に向上させるもので、これにより、 RYS 200 間での一貫性が得られるとともに、ヨガのトレーニング、クラス、ワークショップなどを通じて、私たちがコミュニティに提供するヨガの質と安全性に対する信頼が高まります。

RYS 200 Comparison
RYS 200 Comparison. フルサイズを表示。


このページに描かれているインフォグラフィックの音声チュートリアル。

There are some key differences between the current and new RYS 200 standards that will significantly up-level the credential and greatly impact the quality and safety of the foundational teacher training program.

Moving towards 100% of the minimally-required 200 hours to be classroom hours substantially increases the time trainees spend learning. And elevating the Lead Trainer qualifications ensures that these increased hours that trainees spend learning are predominately with experienced yoga teachers-as-trainers.

Adopting a strengthened core curriculum across all RYS 200s offers a shared understanding of foundational yoga concepts while still providing for flexibility based on lineage, style, or methodology. And requiring that RYSs assess the knowledge, skills, and experience of their trainees prior to certifying them reinforces this common comprehension that the practicing public can come to expect from RYSs and their graduates.


「基準見直しプロジェクト」に関するアンケートでは、72% が基本レベルのヨガの指導者としての技能を身につけるには、200~300 時間のトレーニングで十分であることに同意しました。プロジェクトの実行中、活用した他のチャネルでも同様のフィードバックが得られたことから、RYS 200 基準を大幅に強化して、さらに増強する前に、この基準を完全なものにして、説明責任を行う能力を構築しました。

プロジェクトの主な初期成果は次のとおりです。

  • 共通コアカリキュラムを中心とした「時間および能力」モデルを採用し、教育カテゴリーに基づいた完全なる時間ベースのモデルから脱却
  • 必要な最低時間数の 100% をコアカリキュラムと学習目標に直接結び付いた授業時間にする
  • 授業の最高 40 時間までをオンラインで配信できるようにする (「解剖学および生理学」と「ヨガ・ヒューマニティーズ」のカテゴリー全体で共通)。
  • 主な学習目標と望ましい成果を強調する 4 つのカテゴリーと 13 の資格にまたがる共通コアカリキュラムの作成
  • 200 時間達成指導者として認定する前に、RYS が研修生の知識、技能、経験を評価することを必須とする (これは、多くの RYS が現在行っている「ベストプラクティス」である)
  • RYS 200 リードトレーナーの要件を大幅に引き上げる

Comparison of Hours

こちらをクリックして教育カテゴリーに示された授業 (現行の基準) と共通コアカリキュラムに示された授業 (新基準) の詳細比較をご覧ください。

 

あなたは私たちの新しい基準について質問がありますか? 詳細については、よくある質問のページをご覧ください。



Professional interest in updating standards. Standards Review Project Survey, 2018


Minimum number of training hours to teach yoga. Standards Review Project Survey, 2018



当社の新しい規格に関する一般的な質問に対する回答については、よくある質問のページをご覧ください。

Yoga Alliance is a nonprofit 501(c)(6). Yoga Alliance Foundation is a nonprofit 501(c)(3). This website refers to the two organizations as "Yoga Alliance." Copyright 2019 Yoga Alliance. Yoga Alliance, the Yoga Alliance logo, RYS, RYT, and YACEP are registered marks with the USPTO and other jurisdictions.
Copyright 2019 by Yoga Alliance