Search

コミュニティ主導の方法の結果として、大幅に増強された RYS基準が誕生 > RYS 200 共通コアカリキュラム

で利用可能: العربية | 中文(简体) | English | Français | हिन्दी | 日本語 | Español

RYS 200 共通コアカリキュラム

RYS 200 の新しい増強基準では、主要な学習目標と切望される成果を重要視し、RYS 200 全体にわたって共通したコアカリキュラムを提供します。2022 年 2 月までに (現行の RYS がこれらの最新基準を満たす場合)、系統、流派、あるいは方法論を含めて、すべての Yoga Alliance RYS 200 プログラムは 4 つのカテゴリーと 13 種類の能力を含む共通のコアカリキュラムで行われることになります。さらに、各 RYS は 200 時間達成指導者として研修生に修了証書を渡し、認定を行う前に、このコアカリキュラムで研修生が習得した知識、技能、および経験を評価し、その理解力や解釈を確実なものとします。

Core Curriculum Comparison
Core Curriculum: Current RYS 200 vs New RYS 200. フルサイズを表示。


このページに描かれているインフォグラフィックの音声チュートリアル。

 

The new RYS 200 standards reflect a shift to an Hours+Competencies model based on a shared, or common, core curriculum across all RYS 200s. RYS 200s must allocate 100% of their hours as classroom hours across 4 categories and 13 competencies.

Techniques, Training, Practice consists of a minimum of 75 classroom hours across the competencies of Asana, Pranayama & Subtle Body, and Meditation.

Anatomy & Physiology consists of a minimum of 30 classroom hours across the competencies of Anatomy, Physiology, and Biomechanics. 20 of the 30 hours may be delivered online, with the remaining hours being delivered in-person.

This same delineation is true of Yoga Humanities as well, which includes the competencies of History, Philosophy, and Ethics. This category is what was formerly known as Yoga Philosophy, Ethics, and Lifestyle. The Yoga Humanities category consists of a minimum of 30 classroom hours, 20 of which may be delivered online, with the remaining being delivered in person.

Finally, Professional Essentials, replaces the Teaching Methodology educational category. It consists of a minimum of 65 hours, which includes Teaching Methodology, Professional Development, and Practicum. In addition, up to 15 of these 65 hours can be dedicated to Electives that support trainees in learning teacher training concepts.


変更内容

  • 現行の 5 つある「教育カテゴリー」が 4 つのカテゴリーにまとめられました
    • 「ヨガ哲学」、「ライフスタイル」、「倫理」のカテゴリーが、「ヨガ・ヒューマニティーズ」と改名されました
    • 「指導方法論」と「実習」のカテゴリーが「専門的主要知識」に統合されました
  • 全時間が、接触型の授業と非接触型の授業との区別ではなく、教室での授業となりました。これにより、明確に指導時間に関わる学習目標をさらに重要視できるようになります。
    • 40 時間までがオンライン授業を介して行われるようになりました
    • この 40 時間のうち、最大 20 時間 (必要な合計 30 時間のうち 20 時間)を「解剖学および生理学」のカテゴリー、さらに 20 時間 (必要な合計 30 時間のうち 20 時間) を「ヨガ・ヒューマニティーズ」のために費やすことが可能です
  • カテゴリーごとに割り当てられた授業時間がありますが、各 RYS は柔軟に、それぞれの能力や要求される評価により、その時間を配分することができます

New RYS Core Curriculum

コアカリキュラムでは 200 時間の指導と訓練が必要ですが、200 時間は最低限の要件です。RYS 200 は、希望や必要に応じて時間を追加することでコアカリキュラムを支援し、あらゆるトピックやアクティビティを介して系統、流派、方法論を発展させることが推奨されます。

4 つのカテゴリーにわたる 13 の能力に関する詳細は こちらをクリックしてご覧ください。

 

あなたは私たちの新しい基準について質問がありますか? 詳細については、よくある質問のページをご覧ください。



Professional interest in updating standards. Standards Review Project Survey, 2018


Minimum number of training hours to teach yoga. Standards Review Project Survey, 2018



当社の新しい規格に関する一般的な質問に対する回答については、よくある質問のページをご覧ください。

Yoga Alliance is a nonprofit 501(c)(6). Yoga Alliance Foundation is a nonprofit 501(c)(3). This website refers to the two organizations as "Yoga Alliance." Copyright 2019 Yoga Alliance. Yoga Alliance, the Yoga Alliance logo, RYS, RYT, and YACEP are registered marks with the USPTO and other jurisdictions.
Copyright 2019 by Yoga Alliance